フェイシャル

表情筋の鍛え方!若々しい笑顔を作り出すトレーニング方法について伝授

先日、こちらの綺麗研究所サイトで
表情筋と年齢について触れました。

まだ記事をご覧になっていない方は
まずこちらをご覧ください

表情筋を鍛えて10歳若返られる!?笑顔が若さの秘訣だった!

この記事をご覧いただいた方は、表情筋の
重要性についておわかりいただけたと
思いますが、ここでは具体的に
トレーニング方法については
お伝えしませんでした。

そこで今回は、表情筋のトレーニングに
ついて具体的な方法をお伝えしたいと
思います。

表情筋を鍛えることのメリットとは?

まず、表情筋を鍛えることのメリットを
お伝えしていきましょう。

①表情豊かで魅力があふれるようになる

表情筋のトレーニングによって、
それまで使っていなかった筋肉が
鍛えられていくため、自然と
筋肉を使いやすくなって表情
豊かになります。

②美しく健康的な肌になれる

肌というのは日々生まれ変わっています。

ターンオーバーと呼ばれる肌の
新陳代謝が一定の周期ごとに起こり、
古い皮膚がどんどん新しい皮膚に
変わっていくことで、肌荒れや
乾燥もケアすれば治すことが
可能なんです。

しかし、その新陳代謝が乱れていくと、
カサカサでシミだらけの
老けた肌になってしまいます。

表情筋トレーニングでは顔の血行が
良くなるりますので、大切な
ターンオーバーを促進
することができます。

また表情筋を動かすことによる
血行促進は、他にも肌を健康的に
見せてくれる効果が期待できます。

年齢とともに肌のくすみ、目の下の
クマや顔のむくみなどが目立ち
始めます。

これらは顔まわりの血行が悪く
なることが原因で起こりやすく
なるので、表情筋トレーニングで
血行を良くすれば予防・改善
することができるのです。

③トレーニングで老け顔から脱却

シワシワでたるんだ皮膚は、
やはり、だらしない印象を
与えてしまいます。

特に気になる人が多いのが
ほうれい線。

ほうれい線は、口角を上げる頬の
表情筋や口元の筋肉が衰える
ことでできてしまいます。

顔にほうれい線がくっきり刻まれると、
一気に見た目年齢があがってしまいますし
実感なさっている方も多いのでは?

しかし、頬と口元の表情筋を
トレーニングによって鍛えてあげれば、
ほうれい線を解消してくれ、老け込んだ
印象のない、若々しい顔に
なれるということなんです。

表情筋トレーニング!毎日行えばみるみる変化する!

ではさっそく、具体的にトレーニングの
方法をご紹介していきましょう。

①トレーニング前に

トレーニングを始める前に、まずはどの
筋肉を鍛えているのかしっかり
意識しながら行うことでより効果が
高まるため、鍛える箇所に意識を
集中させます。

リラックスしつつ背筋を伸ばし、正しい
姿勢をキープして行うことで
きちんとした効果が得られます。

普段、意識して顔の筋肉にアプローチ
することは少ないため、ここはしっかり
顔の筋肉に意識を集中させましょう。

また、毎日少しずつでいいので
継続してトレーニングすることが
何より大切です。

美は1日にしてならず。

1日にまとめてやるのではなく、
コツコツ続けて初めて効果が
出るのです。

美容に近道はありません!

お風呂の中でも寝る前でもリビングで
テレビを見ながらでも、ご自分が
続けられそうな時間を選んで
やっていきましょう。

②ウォーミングアップ

表情筋トレーニングをする前も、
ウォーミングアップをしましょう。

顔の筋肉全体をほぐすことで、
血行がよくなっていきます。

まずは顔を上下にぐーっと
引っ張られているイメージで、
各パーツを縦に伸ばしていきます。

伸びきったら今度は上下から
ぎゅっと押し縮められたように、先ほど
と逆で顔を縦方向に縮める動きをします。

次は左右方向で、顔を横に
引っ張られるように伸ばしてから、
左右から押しつぶされる感覚で
顔を横方向に縮めるようにしていきます。

上下方向、左右方向の伸び縮みが
終わったら、顔全体のパーツを
中心に集めるようにしながら息を吐き、
そのまま吐き出し続けつつ
目と口を大きく開きます。

ぎゅー、ぱー、と顔を動かすイメージで、
これを3回ほど繰り返すことで
顔がほぐれます。

③目元のトレーニング

最初は目元のトレーニングから。

まずは両目を最大限に開きます。
見開いた目を徐々に徐々に閉じていき、
最後はぐっと固く閉じましょう。

次に、片目は閉じたままで、もう
片方の目を先ほどのように大きく
見開きます。

これを左右とも行ってください。

このトレーニングで目を開閉する
表情筋が鍛えられ、目元のシワや
たるみに効果があります。

④頬や口角のトレーニング

次は頬のあたりのトレーニングです。

まず右の口角だけをぐいっと上げていき、
右目だけウインクします。

この状態で5秒キープしたあと
ゆっくり元に戻します。

左も同じように行い、これを
3セット繰り返します。

次に、頬の皮膚を大きく縦に
伸ばすように「お」の口の形を作り、
そこから頬を持ち上げる感覚で
「あ」の口の形に動かします。

頬の筋肉が動いているのを
意識しながら行いましょう。

これらのトレーニングは頬のたるみに
効果があるだけでなく、口角が
上がった活力あふれる
表情にしてくれます。

⑤口元のトレーニング

口をすぼめて「う」の形を作り、
大きく突き出して10秒ほど
キープさせます。

そこから次は限界まで口角を外に
引っ張る感覚で口を閉じたまま
にっこりとさせ、これも10秒
キープしてからゆっくりと戻します。

これを繰り返して行います。

また、「あ・え・い・う・え・
お・あ・お」を思い切り大きく口を開けて
一文字ずつ発音していきます。

次は「か・け・き・く・け・こ・か・こ」の
ように、あ行から「わ・え・い・う・え・を
・わ・を」のわ行まで発音します。

口をこれでもかというくらい大きく
動かすのがポイントです。

1日2セットほど行います。

これらは口元のシワやたるみの改善・予防に
効果があるトレーニングです。

そういえば、私は学生時代に演劇部で
このトレーニングを毎日部活で行いました。

その時は意図せず表情筋を鍛えることで
舞台で表情豊かに演じられるよう
習得していたのかもしれませんね。

⑥ほうれい線に効くトレーニング

口を「お」の形で縦にすぼめ、ほうれい線の
あたりが伸びるように意識して力を入れます。

そのまま目線だけ天井のあたりを
見るように動かします。

これを10秒キープして戻す、というのを
5セット繰り返します。

鏡を見て、ほうれい線が伸びて
消えているか確認しながら
やってみてください。

次は、ほうれい線を舌で内側から
押して伸ばすようなイメージで、
口の中で大きく円を描きます。

口はすぼめた状態で、舌先に力を
入れてゆっくり押す感覚です。

右回りと左回りをそれぞれ
3回ずつ行ってください。

どちらのトレーニングも、
ほうれい線に効き目があります。

また、頬と口元の筋肉の衰えも
ほうれい線ができる原因になるので、
あわせてトレーニングしましょう。

⑦二重あごに効くトレーニング

最後は、女性に特に悩みが多い、二重顎への
アプローチです。

ゆっくりと顔を上に向け、下唇→上唇の
順に「う」の形に突き出して
5秒間キープしてから戻します。

二重あごになっているあたりを
伸ばすような感覚で行います。

まとめ

いかがでしたか?今回は
表情筋を鍛えるための具体的な
トレーニング方法について
お伝えしました。

慣れるまでは、1日1回1セットずつで
構いませんので自分でできる範囲で
楽しみながらエイジングケアして
みてくださいね!